秋田県北の新たな特産品
「あきたシャポン」を紹介します!

県北:北秋田管内
(大館市・北秋田市)
北秋田地域

 比内地鶏は日本三大美味鶏とうたわれ、秋田県の特産品として全国的にも有名です。
 現在流通している比内地鶏のほとんどが肉質の良いメスになりますが、オスもおいしく食べてもらうため、県畜産試験場では、オスを去勢して飼育する技術の研究を平成19年から進めてきました。
 去勢にはコストがかかると言われてきましたが、研究の末に効率的な去勢技術の確立に成功し、比内地鶏の去勢鶏『あきたシャポン』の生産が始まりました。
 現在は、比内地鶏の生産が盛んな大館市と北秋田市で生産拡大に取り組みながら、積極的にPRを行っています。
 秋田の新たな特産品として期待される「あきたシャポン」、その特徴やこれまでの取組を連載形式で紹介していきます!

Vol.1 『あきたシャポン』とは?

誕生!あきたシャポン

誕生!あきたシャポン
「シャポン」とは厳選して飼育された去勢鶏のこと。発祥のフランスでは、高級食材として愛されています。

比内地鶏の本場である大館市と北秋田市では、平成24年に「あきたシャポン研究会」を設立。

比内地鶏のオス雛を去勢して8か月以上飼養し、3kg以上になるまで育てて「あきたシャポン」として売り出しています。

あきたシャポン〜雛編〜

あきたシャポン〜雛編〜
去勢を終えた比内地鶏のオス雛です。

あきたシャポンとして育てるため、ふ化後4〜8週の間に去勢します。

去勢後はのびのびと過ごせるよう、広い鶏舎へ移動して飼育していきます。


あきたシャポン〜成鶏編〜

あきたシャポン〜成鶏編〜
あきたシャポンは、去勢した影響で、とさかが無く、淡い赤色の顔になるのが特徴です。

良質な脂肪が付くように工夫しながら飼養し、ふ化から7〜8か月を経て、ようやく出荷に至ります。


フランス料理のシェフも絶賛!

あきたシャポンのローストチキン
丁寧に育てられたあきたシャポンは、濃厚なうまみとバターのような芳しい香りが一番の魅力で、脂肪も通常の比内地鶏のメスに引けを取らないほど豊富になります。

良質な脂肪が乗ってくる冬に合わせて出荷されており、ローストチキン等のメイン料理に使うのがオススメです!

試食していただいたフランス料理のシェフからも高い評価をいただきました。

次回の記事では、比内地鶏とあきたシャポンの違いを掘り下げていきます。







◇記事編集◇
秋田県北秋田地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班
〒018-3393 秋田県北秋田市鷹巣字東中岱76-1
TEL:0186-62-1835 FAX:0186-63-0705
◇ページ管理◇
秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723 FAX:018-860-3842