河辺地域交流会「縁ゆかり」の
交流活動といぶりがっこづくり

県央:秋田地域
(秋田市河辺)
秋田地域
 秋田市河辺地域を拠点に活動している河辺地域交流会「縁ゆかり」では、各種農作業体験や伝統料理・工芸品づくり等の体験イベントを平成27年から実施しており、近隣の国際教養大学の学生をはじめ地域内外から多くの方々が参加しています。

 令和2年度からは、県の「魅力ある里づくりモデル事業」を活用して古民家の改修ワークショップや収穫した野菜の加工・商品化を行うなど、中山間地域ならではの地域資源を生かした里づくりに取り組み始めました。

 将来的には、いろいろな国の人が集まる「田舎でありながらグローバル」な河辺地域を目指して、地域ぐるみで活動を展開しています。

 そんな縁ゆかりの取組の中から、伝統野菜「沼山大根」の栽培といぶりがっこへの加工について、連載形式で紹介していきます!

Vol.1 沼山大根の種を育て次世代につなぐ

沼山大根とは?

沼山大根とは?
沼山大根は、水分量が一般的な大根の1/3程度と少なく、肉質が緻密で味が濃厚。いぶりがっこの原料に最適な大根といわれています。

元々は横手市沼山地域で在来種として栽培されていましたが、生産者の高齢化に伴い、平成16年に栽培が一度途絶えてしまったのです。

貴重な沼山大根を復活させるため、縁ゆかりのメンバーが県内の農家仲間と一緒に栽培に挑戦、これがきっかけとなって現在河辺地域でも作付けされています。





さやの状態を観察!

さやを観察 さや大根
沼山大根は、生育が進むとかわいらしいピンクの花が咲き、やがてぷりぷりの実がつきます。

この実は「さや大根」と呼ばれ、塩ゆでして食べるとスナップエンドウのような食感と甘味で、とても美味しいんです。

さやから種を採取します!

枯れたさやを乾かす 種を採取
さやが枯れたら十分に乾燥させ、中からとても小さな種を採取します。

採取した種はしっかりと保存して、秋の種まきに備えます。

河辺の地で種を採取し、農薬や化成肥料を使わずに育てる。これを毎年繰り返して、河辺の土壌や環境に適応させていきます。

ゆくゆくは「河辺大根」として地域の特産物になるよう、丹精をこめて育てています。

取材協力:河辺地域交流会「縁 ゆかり」  
お問合せ:090-1375-0807(代表:遠山)
◇記事編集◇

秋田県秋田地域振興局 農林部 農村整備課 ふる里づくり班
 〒010-0951 秋田県秋田市山王四丁目1番2号
 TEL:018-860-3371 FAX:018-860-3363

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班
 〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
 TEL:018-860-1723 FAX:018-860-3842