秋田米新品種「サキホコレ」
由利地域生育レポート Vol.1

県央:由利地域
(由利本荘市・にかほ市)
由利地域

 「コシヒカリを超える極良食味品種」をコンセプトに開発された秋田米新品種「サキホコレ」。

 今年秋の本格デビューでは、昨年の先行販売の約10倍の販売数量を目指しており、由利地域の生産者数も12人から83人に増加しました。

 栽培にあたっては、農薬の使用成分回数を慣行の2分の1以下に削減しているほか、育苗期には温度管理や水管理に注意しながら苗作りを行い、田植え後は健全に生育が進むよう肥培管理を徹底するなど、高品質な米づくりにこだわって作業が行われています。

 美味しいサキホコレをお届けするため、心を込めて栽培に取り組む生産者の様子を、連載形式で紹介していきます。

育苗・田植えの様子を紹介します!

ハウスで苗を育てています

ハウスで苗を育てています
ハウス内での育苗がちょうど折り返しを迎えた、5月上旬頃の苗の様子です。

ハウス内の温度や湿度が苗の生育に大きな影響を及ぼすため、細心の注意を払いながら管理を行います。

知事が田植えを行いました!

知事が田植えを行いました!
5月には、にかほ市でサキホコレ田植えイベントを開催!

佐竹知事も田植え機に乗って作業を行いました。

ご当地ヒーローの「超神ネイガー」も駆けつけ、サキホコレ本格デビューに向けてPRしました。

栽培研究会の齋藤会長

栽培研究会の齋藤会長
5月下旬、秋田しんせい農業協同組合サキホコレ栽培研究会の齋藤靖会長が田植えを行いました。

サキホコレのロゴマークが入ったTシャツを着て作業に励みます。

現地講習会や指導者研修会に参加する際も、サキホコレTシャツを着用してPRに力を入れています。

田植え後のサキホコレ

田植え後のサキホコレ
田植え後のサキホコレの様子です。

今年は6月上旬に気温が低い期間が続いたことで、生育が停滞してしまいました。

その遅れを取り戻すため、生産者は水田や稲の状態をよく観察しながら水管理等を行っています。

現地講習会を通して技術向上!

現地講習会を通して技術向上!
サキホコレを栽培する生産者の技術向上を目指し、現地講習会を開催しています。

厳しい品質・出荷基準を達成するため、これまでの生育状況や今後の管理について熱心に勉強しています。


◇記事編集◇

秋田県由利地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班
 〒015-8515 秋田県由利本荘市水林366番地
 TEL:0184-22-8354 FAX:0184-22-6974

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班
 〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
 TEL:018-860-1723 FAX:018-860-3842