秋田の農林水産業
 「カッコいい」担い手 大特集! 

小松 瑞穂さん(大仙市)

◎プロフィール紹介

●現在、JA秋田おばこ枝豆部会の役員を務めている。
●アグリヴィーナス、町家マルシェ、
Know農Girlなど、農業に関わる様々な団体に入り交流を持っている。
●バレーボール歴が長く、現在もママさんバレーに参加しているほか、審判として活躍したり、実業団の試合に参加したりしている。


◎就農のきっかけは?

●特別なキッカケはなかったのですが、実家で農業に取り組む祖父の背中に憧れていたのかもしれません。
●「将来は農業をやるんだろうなあ」と何となく思い、高校卒業後は農業大学校へ進学しました。
●その頃は、興味があった「なす」の勉強に明け暮れましたが、実家に戻ると「枝豆」の担当に。その当時はちょっとショックでしたが、今となっては良い思い出です。



◎現状の取組は?






水稲10ha
(あきたこまち,ゆめおばこ,ちほみのり)、
大豆40a、枝豆1.2ha(11品種)、
その他野菜(なす等)20a

●自ら育てた野菜をオリジナルブランド「ふぁー夢瑞穂」の名で販売して、販路拡大を図っています。
●大曲農業高校で知り合った女性2人と一緒に「Know農Girl(ノーガール)」を立ちあげ、加工等のプロジェクトを実施しています。
●JA出荷の他にも、SNSでの発信を積極的に行い、九州・福岡県のお客様もいます。
●結婚して自分の時間が少なくなりましたが、夫が助けてくれるおかげで出来たことも沢山あります。
●休みの日は一緒に農作業をしており、「畑でデート」が合い言葉になっているかもしれません。
●将来的には一緒に農業が出来たらなあと思っています。
 



◎新規就農者へのメッセージ!

●好きなことを好きな時間にでき、髪型とか服装といった見た目も含めて、型にはまらないのが農業だと思います。
●そのおかげか、肉体的には疲れても、精神的な疲れはあまり感じません。
●自分の姿を見て「農業やっていると思えないね」と言われるのが、昔は凄く嫌でしたが、今では褒め言葉と捉えています。
●汚いとか危険といった意味の3Kではなく、農業といえば「かわいいとかカッコいい3K(もう1つは考え中です)」という世の中に一緒にしていきませんか?









◇記事編集◇

秋田県仙北地域振興局 農林部 農業振興普及課 担い手・経営班
〒014-0062 秋田県大仙市上栄町13-62
TEL:0187-63-6110 FAX:0187-63-6104

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 田中 裕太郎
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723 FAX:018-860-3842