アキタの農林水産業
 「カッコいい」担い手 大特集! 

佐々木 一成さん(にかほ市)

●由利工業高校、北里大学を卒業後、神奈川県の吉川水産(株)に就職。

●鮮魚販売に携わって、消費者と直接会話をしながら、魚の目利きや鮮度の重要さを学ぶ。

●2013年に地元であるにかほ市象潟にAターンして、漁師になる。

●魚を獲るだけでなく、漁獲物の鮮度保持やオンライン販売、YouTube配信など新しい取組を常に続けている。

◎YouTubeチャンネル
 「漁tuber カズナリ」



◎就業のきっかけは?

●元々漁師になりたかったが、漁師である父の反対を受けて進学。
 その後、県外の鮮魚店に就職して、
漁獲された魚が、どのようにして、誰の元へ流通するのかを直接見てきた。

●父の死がきっかけとなって、地元に戻り漁師への転職を果たした。
 これまでの「獲る」だけの漁業は時代遅れ。自分がやりたい「新しい漁業」に自信を持って取り組んでいる。




◎どんな取組をしているの?




●全国で同じように魚が獲れる中で、差別化を図るために大事になるのは、「誰が獲った魚なのかが見えること」
だと考えている。
 神経締めや血抜きを自ら行って漁獲物の鮮度を保ち、販売先の料理店や鮮魚店から高い評価をいただいている。
 手間は掛かるが、自分が獲った魚にプライドを持ち、消費者のことを一番に考えて取り組んでいる。  

●消費者と直接繋がるオンライン販売も積極的に活用している。
 梱包から発送まで全て自分一人で行うのは大変だが、購入者から届く感謝のメッセージが励みになる。
 美味しく食べるところまでをサポートしたいとの思いから、発送時にオススメの食べ方等も提案している。

●中央卸売市場や鮮魚店を訪問する中で、寿司屋との交流等も生まれており、販売の幅を広げるために積極的に取り組んでいる。
 また、漁業への関心を集めるために、仕事や子育ての空き時間を使って、YouTubeで操業の様子や魚のさばき方等の情報発信を続けている。










◎新規就業者へのメッセージ!


●自分のやりたいことをやって、楽しく、誇りを持って仕事をしてほしい。
 自分が変われば周りもきっと変わると信じて!


◇記事編集◇

秋田県農林水産部 水産漁港課 調整・振興班
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1885
FAX:018-860-3849

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 田中 裕太郎
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842