にかほ市いちじく振興会に
密着取材しました!

県央:由利地域
(にかほ市)
由利地域
 にかほ市の大竹集落では、昭和40年代からいちじくの生産が始まり、「北限のいちじく産地」とも言われてきました。令和2年3月30日には、「大竹いちじく」として、農林水産省が定める地理的表示制度(GI)に登録されました。
 大竹集落では、主に「ホワイトゼノア」という品種が生産・出荷されています。この品種は、高い糖度と煮崩れしない適度な硬さが特徴で、この地区では保存食として甘露煮にして食べるのが一般的です。
 いちじくを地元の特産品にするため、生産者や加工業者、JA、市、地域振興局が一体となって、「にかほ市いちじく振興会」が結成され、新たな加工品の開発やイベントの開催など、様々な活動を続けています。
 ここでは、いちじくの栽培から収穫・加工に至るまでの過程や、いちじく振興会の活動についてご紹介します!!

第3回 いよいよ収穫の時期です!

◎まずは生育状況をチェック!

まずはいちじくの状態をチェック!
 いちじく振興会会員の佐藤さん(写真右)の園地では、JA秋田しんせいの指導員と振興局の果樹担当の普及指導員による生育状況の確認が行われています。
 収穫時期などについて、熱心に話を聞いていました。

◎いよいよ収穫です!

いよいよ収穫です!
 丹精込めて育ててきたいちじくを収穫します。
 今年は生育がやや遅く、今のところ例年に比べ小さいですが、収穫最盛期に近づくにつれて、どんどん大きくなっていきます。




◎収穫後のいちじくは…

収穫後のいちじくは…
 収穫後のいちじくは、新鮮なうちに加工業者の「佐藤勘六商店」で甘露煮やジャムなどに加工される予定です。
 秋田市にある「たけや製パン」では、佐藤勘六商店で加工されたジャムを使用したコラボ商品を開発・販売しています。
 


◎密着取材を振り返って

収穫前のいちじく
 これまで3回にわたって「にかほ市いちじく振興会」の活動をご紹介しました。記事編集を担当させていただきました私は、いちじくに関して知識がなかったので、とても勉強になりました。また、「にかほ市いちじく振興会」で熱心に活動されている会員の皆さんの姿を見て、よりよい品質のいちじくを出荷できるよう地域全体で努力されていることが分かりました。最後は青空に映えるいちじくの実でお別れします。ありがとうございました。
 




取材協力:にかほ市いちじく振興会
◇記事編集◇

秋田県由利地域振興局 農林部 農業振興普及課 企画・振興班  今野いずみ
〒015-8515 秋田県由利本荘市水林366番地
TEL:0184-22-7551
FAX:0184-22-6974

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842