小さな産地から大きく花咲け
〜大館ダリア〜

県北:北秋田地域
(大館市)


北秋田地域
 県では、ダリアの生産拡大を図るため、秋田市雄和にある秋田国際ダリア園と連携して育成した県オリジナル品種「NAMAHAGEダリア」を中心に、生産から販売に至るまで、総合的に支援しており、栽培面積(H29)は全国1位となっています。
 大館市では、平成23年に3戸の農家によって栽培が始まり、令和元年には10戸まで増え、約8万本の出荷が行われています。産地としては小規模ですが、若手生産者が増えるなど、とても活気があります。
 ここでは、定植から収穫・出荷、翌年に向けた作業まで、高品質なダリアを提供するための作業の様子をお届けします!

第3回 2番花の出荷を迎えました!

◎収穫作業を行っています

収穫作業を行っています
 ダリアは、最初に咲く花(1番花)を収穫した後も次々に花が咲き、現在は「2番花」の出荷期を迎えています。
 写真は、NAMAHAGEダリアシリーズの「NAMAHAGE コウセイ」の収穫の様子です。
 ダリアは蕾の状態で収穫すると、花が十分に開かないことがあるため、花を横から見て、半分程度まで開いた状態で収穫します。

◎一つ一つ丁寧に調製します

一つ一つ丁寧に調整します
 収穫したダリアを出荷する状態にすることを「調製」と言います。写真の左側が調製前、右側が調製後です。
 調製作業では、基準となる長さになるように茎を切り、一番上についている葉を残して、全ての葉を切り落とします。
 調製後は、生き生きとした花の状態を保つよう、鮮度保持剤を加えた水が入ったバケツに立てて、水を吸わせます。


◎9期生も開花しています!

9期生も開花しています!
 今年デビューするNAMAHAGEダリア9期生です。
 「NAMAHAGE ノンチャン」は、明るすぎない鮮やかなピンクが特徴的で人気のカラーです。
 「NAMAHAGE REIWA」は、花びらの表と裏で紫の色合いが異なり、見る角度によって違った印象が楽しめます。
 「NAMAHAGE プリティ」は表と裏で桃色の濃淡が異なり、角度によって様々な表情を見せてくれます。


◎防ぎたい「露芯花」

防ぎたい「露芯花」
 ダリアは、高温や日照不足が続いたり、昼の時間が短くなると、中心部の花びらが少なくなり、黄色い部分が現れる「露芯花(ろしんか)」と呼ばれる花を咲かせます。
 露芯花は市場での評価が低いことから、生産者は、暑い時期に花を咲かせないようにするなど、きめ細かな対策を行い、露芯花の発生を抑えています。
 生産者の皆さんの高い技術と愛情がぎゅっと込められたダリアが出荷されています。ぜひ、ご自宅などに飾ってみてはいかがでしょうか!










取材協力:JAあきた北 花き部会ダリア専門会
◇記事編集◇

秋田県北秋田地域振興局 農林部 農業振興普及課 企画・振興班 佐々木 裕太
担い手・経営班 有吉 一樹
〒018-3393 秋田県北秋田市鷹巣字東中岱76-1
TEL:0186-62-3950
FAX:0186-63-0705

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842