ICTを活用した先端農業機械によるスマート農業一貫体系

大規模土地利用型法人
(品目:水稲・大豆)
仙北地域
 農業者の高齢化や担い手の減少に伴う労働力不足が顕在化するなど、農業を取り巻く状況は厳しさを増しています。県では、こうした問題を克服するための有効な手段の一つとして、スマート農業の導入を進めており、水稲・大豆の大規模土地利用型農業法人において、昨年度から2年にわたり、実証試験に取り組んでいます。
 この実証では、GPS(衛星利用測位システム)を活用した直進アシスト機能付きの田植機やトラクター、収穫しながら収量を測定できるコンバイン、ドローンでの撮影とリモートセンシングによる生育量測定技術など、先端技術を体系的に組み合わせ、作業の効率化を図りつつ、収量の最大化を目指しています。実証を通じて、新技術の導入効果の検証と経営評価を行い、生産現場への普及を図っていくことにしています。
 ここでは、田植えから収穫までのスマート農業一貫体系について、動画を交えながら情報提供します!
 ※農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(実施主体:農研機構)の支援により実施しています。




< 令和2年度 第4回>
自動操舵システムを活用した管理作業車での
大豆の播種、中耕・培土作業

◎ミッドマウント管理作業車

ミッドマウント管理作業車
 高精度で直進工程を自動走行できるトラクター用の自動操舵システムを、ミッドマウント管理作業車に取り付け、大豆の各種作業を行いました(システムの詳細はこちら「令和元年度第2回」)。
 ミッドマウント管理作業車は、オペレーターの前方に作業機が装着されるため、作業の状況が確認しやすく、3輪で小回り旋回ができるため、作物の踏みつけが少ないことが特長です。  



◎運転席を見てみます

GNSS自動操舵システム
 運転席には、自動操舵専用のハンドルが装着され、その前方にGNSSの受信機が装着されています。作業の進捗や現在の位置などは、手元のタッチパネルモニターで確認できます。
 播種作業の時に作成した基準線を他の作業にも使用することができるので、播種時と同じライン上を自動で走行し、作業を正確に行うことができ、大豆を車輪で踏み潰したり、作業機に巻き込む心配もありません。
 作業の様子は以下の動画をご覧ください。











◎作業の動画はこちら





「地域戦略プロジェクト」
(GNSS汎用利用による近未来型環境保全水田営農技術の実証研究)
◇記事編集◇

秋田県 農林水産部 水田総合利用課 農産・複合推進班 進藤 勇人
〒015-8515 秋田県秋田市山王4丁目1−1
TEL:018-860-1786
FAX:018-860-3898

◇ページ管理◇

秋田県 農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842