にかほ市いちじく振興会に
密着取材しました!

県央:由利地域
(にかほ市)
由利地域
 にかほ市の大竹集落では、昭和40年代からいちじくの生産が始まり、「北限のいちじく産地」とも言われてきました。令和2年3月30日には、「大竹いちじく」として、農林水産省が定める地理的表示制度(GI)に登録されました。
 大竹集落では、主に「ホワイトゼノア」という品種が生産・出荷されています。この品種は、高い糖度と煮崩れしない適度な硬さが特徴で、この地区では保存食として甘露煮にして食べるのが一般的です。
 いちじくを地元の特産品にするため、生産者や加工業者、JA、市、地域振興局が一体となって、「にかほ市いちじく振興会」が結成され、新たな加工品の開発やイベントの開催など、様々な活動を続けています。
 ここでは、いちじくの栽培から収穫・加工に至るまでの過程や、いちじく振興会の活動についてご紹介します!!

第1回 いちじく振興会のみなさんと園地を見学!

◎広大ないちじく園地

広大ないちじく園地
 にかほ市大竹集落には、約12haのいちじく園地があり、34名の農業者がいちじくの生産に取り組んでいます。写真の園地は、全体で4haあり、振興会の阿部会長は、このうち70aを管理しています。
 広大な敷地とたくさんのいちじくの樹は、その場で見ると圧巻です!


◎いちじくの樹を見てみます

いちじくの樹を見てみます
 いちじくの樹は、樹高を低く仕立てて、日光が当たりやすい環境をつくることが重要です、と阿部会長は話します。
 5月下旬に剪定を行った切り口には、乾燥防止のための保護材を塗っています。





◎いちじくの実がなっていました

いちじくの実がなっています
 いちじくは、秋に収穫するイメージですが、夏にも実をつけます。ただ、秋に収穫する実の方が糖度が高くなるため、この地区では基本的に秋に収穫できるように管理しており、この実は摘み取って捨ててしまいます。
 もったいないですが、秋においしいいちじくを収穫するためには必要な作業です。
 この日参加した振興会の皆さんは、熱心にいちじくの状態を確認しており、いちじくへの熱意が伝わってきました。


◎いちじく振興会のみなさん

いちじく振興会のみなさん
 にかほ市いちじく振興会では、生産者を対象とした技術講習会や、新商品の開発、商談会への出展による販路開拓など、75名の会員がそれぞれの強みを生かしながら、産地を盛り上げようと頑張っています!
 にかほ市いちじく振興会のみなさんです。いちじくポーズで、良い笑顔!
(左から、振興会の須藤副会長さん、佐藤勘六商店の佐藤さん、にかほ市役所中嶋さん、阿部会長)
 




取材協力:にかほ市いちじく振興会
◇記事編集◇

秋田県由利地域振興局 農林部 農業振興普及課 企画・振興班  今野いずみ
〒015-8515 秋田県由利本荘市水林366番地
TEL:0184-22-7551
FAX:0184-22-6974

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842