ICTを活用した先端農業機械によるスマート農業一貫体系

大規模土地利用型法人
(品目:水稲・大豆)
仙北地域
 農業者の高齢化や担い手の減少に伴う労働力不足が顕在化するなど、農業を取り巻く状況は厳しさを増しています。県では、こうした問題を克服するための有効な手段の一つとして、スマート農業の導入を進めており、水稲・大豆の大規模土地利用型農業法人において、昨年度から2年間の実証試験を開始しています。
 この実証では、GPS(衛星利用測位システム)を活用した直進アシスト機能付きの田植機やトラクター、収穫しながら収量を測定できるコンバイン、ドローンでの撮影とリモートセンシングによる生育量測定技術など、先端技術を体系的に組み合わせ、作業の効率化を図りつつ、収量の最大化を目指しています。実証を通じて、新技術の導入効果の検証と経営評価を行い、生産現場への普及を図っていくことにしています。
 ここでは、田植えから収穫までのスマート農業一貫体系について、動画を交えながら情報提供します!
 ※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(実施主体:農研機構)の支援により実施しています。




< 令和2年度 第1回 >
可変施肥機能を搭載したブロードキャスター
による水稲の施肥作業

◎可変施肥機能の紹介

作業機械を紹介します
 今回は、ほ場内の地点ごとに肥料の量を変えながら散布する「可変施肥機能」を活用した施肥作業の実証を紹介します。
 昨年秋に、収量測定機能付きコンバイン(令和元年度第7回で紹介)から得られた収量データなどから作成した施肥マップ(左下図)に基づき、収量が少ない地点にピンポイントで多く施肥することにより、1枚のほ場における生育・収量のムラをなくし、収量の向上を目指します。

 施肥ホッパーのシャッターは、 GPSから得られる速度情報と連動して開度を調整するため、ほ場条件等により走行速度が変わっても、高い精度で施肥することができます。

 実証は、RTK−GNSS自動操舵システムを併用して行いました。直進作業は手放しで行うことができ、散布範囲の重なりが少なく、ムダのない作業が可能です。
 (自動操舵システムの詳細は令和元年度第2回をご参照ください)    

作業機械を紹介します2


◎コントローラーで施肥量を確認

キャビン内のコントローラー
 キャビン内のコントローラーには、現在の施肥量がリアルタイムで表示されるため、動作の確認や散布量の調整をしながら作業することができます。  






◎作業の動画はこちら





取材協力:農事組合法人 たねっこ
◇記事編集◇

秋田県 農林水産部 水田総合利用課 農産・複合推進班 進藤 勇人
〒015-8515 秋田県秋田市山王4丁目1−1
TEL:018-860-1786
FAX:018-860-3898

◇ページ管理◇

秋田県 農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842