花きスマート農業技術実証

大規模花き経営体
(品目:キク)
秋田地域
 小ギクの生産現場では、大規模化に向けた効率的な生産体系の確立が課題となっています。こうした課題に対し、県では、需要期の安定出荷と作業の省力化を図るため、スマート農業の導入を進めることにしており、今年度から2年間、男鹿・潟上地区園芸メガ団地において実証試験を実施します。
 ここでは、ほ場づくりから収穫・調整までのスマート農業一貫体系について、動画を交えながら情報提供します!


 ※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:花B01、課題名:先端技術の導入による計画的安定出荷に対応した露地小ギク大規模生産体系の実証)」(実施主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施しています。




第3回 選別・調製作業の機械化体系

◎蕾が色づいてきました

蕾が色づいてきました
 男鹿・潟上地区園芸メガ団地では、キクの蕾が色づき、収穫時期を迎えています。



◎収穫作業中です

収穫作業中です
 今年は好天に恵まれ、収穫作業は順調に進んでいます。
 品種や株ごとに開花の進み具合が異なるため、1本ずつ見極めながら、手で折り取って収穫します。


◎一般的な調製作業

一般的な調製作業
 調製施設では、出荷規格に合わせて手作業で選別します(写真右側)。選別後は「フラワーバインダー」という機械によって、余分な葉や茎のカット後、10本ごとの結束を作ります。
 この一連の調製作業は、一部が自動化されているものの、全作業時間のうち約4割を占めており、作業の効率化が求められています。


◎機械による選別・調製作業

機械による選別・調整作業
 作業効率化のため、「切り花調製ロボット」を導入しました。この機械により、選別・結束作業が自動で行われるため、作業時間と作業人員が削減され、大幅な効率化が期待されます。
●切り花調製ロボットとは
 切り花調製の一連作業を自動で行う機械です。1人の作業員によって、1本ずつ機械にセットされたキクは、適切な長さに切断され、余分な葉を除去された後、重量ごとに選別されます。
 規格ごとに10本たまると、アームにより結束機(手前の白と黄色の機械)へ運ばれて、結束された後、等階級ごとに仕分けられます。
 







◎作業の動画はこちら



取材協力:男鹿・潟上地区園芸メガ団地利用組合
◇記事編集◇

秋田県 農林水産部 園芸振興課 果樹・花き班 高橋 宏彰
〒015-8515 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1804
FAX:018-860-3822
秋田県 秋田地域振興局 農林部 農業振興普及課 担い手・経営班 佐々木一総
〒015-8515 秋田県秋田市山王四丁目1−2
TEL:018-860-3413
FAX:018-860-3363
◇ページ管理◇

秋田県 農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842