ICTを活用した先端農業機械によるスマート農業一貫体系

大規模土地利用型法人
(品目:水稲・大豆)
仙北地域
 農業者の高齢化や担い手の減少に伴う労働力不足が顕在化するなど、農業を取り巻く状況は厳しさを増しています。県では、こうした問題を克服するための有効な手段の一つとして、スマート農業の導入を進めており、水稲・大豆のブロックローテーションに取り組む大規模土地利用型農業法人において、今年度から2年間の実証試験を開始しました。
 この実証では、GPS(衛星利用測位システム)を活用した直進アシスト機能付きの田植機やトラクター、収穫しながら収量を測定できるコンバイン、ドローンでの撮影とリモートセンシングによる生育量測定技術等を活用して、作業の効率化を図りつつ、収量の最大化を目指しています。今後、実証を通じて、新技術の導入効果の検証と経営評価を行い、生産現場への普及を図っていくことにしています。
 ここでは、田植えから収穫までのスマート農業一貫体系について、動画を交えながら情報提供します!
 ※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(実施主体:農研機構)の支援により実施しています。




第3回 【関連した取組】自動操舵システムを使用した
大豆の耕うん同時畝立て播種作業    

◎作業機械を紹介します

作業機械を紹介します
※農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に関連した取組です。

湿害回避技術である「耕うん同時畝立て播種技術」と、高精度で自動で直進走行ができるGNSS自動操舵システムの組合せによる収量確保と作業省力化を目指し、大館市の農業法人において実証試験を行っています。
◎作業の詳細は下部の動画を参照してください。



作業機械を紹介します2
●GNSS自動操舵システムとは
「GNSS」は「Global Navigation Satellite System(全球測位衛星システム)」の略で、GPSや準天頂衛星(QZSS)等の衛星測位システムの総称です。ここから得られた測位情報を基に作成された走行経路に沿って、トラクターの方向を自動で調整するシステムのことをGNSS自動操舵システムといいます。
衛星情報に加え、地上に設置した基準局からの補正情報を得ることで、高精度(誤差範囲3cm以内)で測位が可能です。


◎作業の動画はこちら



取材協力:農事組合法人 立花ファーム
◇記事編集◇

秋田県 農林水産部 水田総合利用課 農産・複合推進班 進藤 勇人
〒015-8515 秋田県秋田市山王4丁目1−1
TEL:018-860-1786
FAX:018-860-3898

◇ページ管理◇

秋田県 農林水産部 農林政策課 企画・広報班 長井 拓生
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842