北秋田地域の「にんにく栽培」

県北:北秋田地域
(大館市、北秋田市)
北秋田地域
 料理の味わいの幅を広げる「にんにく」。調味料として万能であるとともに、風邪予防や疲労回復、免疫力向上などの効能がある野菜としても知られています。
 北秋田地域振興局管内では平成30年12月現在、法人4戸と個人4戸が栽培に取り組んでいます。経営体数としては少ないものの、約27haの作付があり、高い糖度などが特徴の「白玉王」という品種を主に栽培しています。
 今年6月には、同管内の法人が中心となって、にんにくの産地化を目指す全県的な組織「秋田県にんにく生産者協議会」が設立されました。本県のにんにく生産量を、将来的には全国第2位まで押し上げることを目標に掲げ、生産者と関係機関が一丸となって栽培技術の向上や販路拡大に取り組んでいます。
 そんなにんにく栽培の作業風景をご紹介します!

第3回 来年の収穫に向けて

◎ほ場の様子

ほ場の様子
植付の2〜3週間後から、にんにくの芽が出始めました(10月上旬撮影)。



◎にんにくの芽@

にんにくの芽@
にんにくの芽は、最初はこんな形をしています(10月上旬撮影)。



◎にんにくの芽A

にんにくの芽A
徐々に葉数が増えてきました(11月下旬撮影)。



◎にんにくの芽B

にんにくの芽B
葉数は積雪前に3〜4枚を確保します。うまく芽が出ていない株があれば、手作業で出してあげます。


◎越冬期間に突入

越冬期間に突入
今年の作業はこれにて終了!冬の間は土の中でじっくり糖分を溜め込みます。今から来年の収穫が待ち遠しいですね。




◎北秋田のにんにくを食べてみよう!

 北秋田で栽培されたにんにくは、県内外のスーパーや直売所等で販売されています。
 また、北秋田管内の法人のなかには、黒にんにくを販売しているところもあります。黒にんにくは、生にんにくを熟成させてにんにく本来の独特なにおいを和らげ、美容と健康に効果的な栄養素をたっぷりと含んだ食材です。
 店頭で見かけた際は、ぜひ一度、白にんにくと黒にんにくをお買い求めください。
取材協力:大館市・北秋田市 にんにく栽培農家
◇記事編集◇

秋田県北秋田地域振興局 農林部 農業振興普及課 企画・振興班 佐藤 福美
〒018-3393 秋田県北秋田市鷹巣字東中岱76番地1
TEL:0186-62-3950
FAX:0186-63-0705

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842