ひばり野まごころ「ひばり野オクラ」

県南:雄勝地域
(羽後町新成地区)
雄勝地域
  「ひばり野オクラ」の生産地である羽後町は、日照量が多く、オクラの施設栽培に適した地域です。「ひばり野オクラ」は昭和51年に生産が開始され、羽後町は県内有数のオクラ産地として、オクラの食文化を確立しました。「ひばり野オクラ」は実が大きく、柔らかく、よく粘るのが特徴です。出荷量は毎年300万本を超え、全て県内で流通・取引されています。
 通常のオクラは、開花から1週間程度で全長6〜7cmとなり収穫適期になりますが、「ひばり野オクラ」は、同期間で全長10〜12cmまで生長し、通常より短期間で柔らかいオクラになります。露地栽培されている大きいオクラは収穫日数が長期間になるため、筋張って堅いと敬遠されがちですが、「ひばり野オクラ」は大きくても柔らかいため、高い市場評価を得ており、他産地のオクラと比較して3〜5割程度高値で取引されています。
 昭和60年から試食販売キャンペーンを行っており、生産者自らが販売者となって「ひばり野オクラ」のPRを行っています。2017年には「ひばり野オクラ」が県内で2番目の地理的表示保護制度(GI)登録産品となり、知名度も高まっています。

第3回 ひばり野オクラの販売促進活動が行われています!

◎集結!ひばり野レディ

集結!ひばり野レディ
「新成園芸組合婦人部」の方々です。販売促進キャンペーンのために集結しました。



◎ひばり野オクラ販売の様子

ひばり野オクラ販売の様子
店頭で並ぶひばり野オクラ。新しくなったパッケージには「GIマーク」がプリントされています。



◎試食販売が行われています

試食販売が行われています
オクラとちくわを使ったシンプルな料理です。お弁当などに最適です。



◎販売促進活動の様子

販売促進活動の様子
県内スーパーでの試食販売の様子です。「ひばり野オクラ」の軟らかい食感が好評でした。



◎笑顔で魅力を伝えます

笑顔で魅力を伝えます
笑顔満点ひばり野レディです。生産者自ら「ひばり野オクラ」の魅力を消費者へPRします。




取材協力:JAうご 新成園芸組合                                                             
◇記事編集◇

秋田県雄勝地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班 猿田 文平
〒012-0857 秋田県湯沢市千石町二丁目1番10号
TEL:0183-73-5114
FAX:0183-72-6897

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842