「ぶな森」における放牧養豚

県南:田沢湖地域
(仙北市)
由利地域
 仙北市(旧田沢湖町)と北秋田市(旧阿仁町)との境に位置する仙北市田沢湖玉川には、「ぶな森」という広大な自然が広がっています。県有地である「ぶな森牧場用地」の利用については、草地や畑作として利用を希望する方への貸付が行われており、平成29年から、(株)田沢湖自然ファームがこの牧場用地を活用した「放牧養豚」を行っています。
 「放牧養豚」とは、放牧地での放し飼いにより豚を育てることで、県内では唯一、田沢湖自然ファームだけが行っている取組です。「ぶな森」の自然の中でストレスなく健康に育った放牧豚は、田沢湖の自社レストラン「欧風食堂kaede」で提供されています。

第1回 放牧が始まりました!

◎自然の中の放牧場

自然の中の放牧場
放牧場の様子です。休息所でお昼寝をする豚、放牧場内を走り回る豚・・・放牧場の中で、豚たちはのびのびと生活しています。


◎水をたくさん飲みます

水をたくさん飲みます
放牧場には水飲み場も完備。水をたくさん飲んで、暑さをしのいでいます。


◎のびのび育つ

のびのび育つ
放牧開始時の豚は80〜90日齢ほど。170〜180日齢になる9月下旬〜10月上旬に出荷されます。一般的な養豚よりも肥育期間が長く、豊かな自然の中でじっくりと育てられます。


◎放牧養豚ならでは

放牧養豚ならでは
こちらは黒豚・・・ではなく、雨の日に泥だらけになった豚の姿です。こうした姿も、自然の中だからこそ見られるものです。


取材協力:(株)田沢湖自然ファーム                                                             
◇記事編集◇

秋田県仙北地域振興局 農林部 農業振興普及課 担い手・経営班 稲葉 有紀
〒014-0062 秋田県大仙市大曲上栄町13番62号
TEL:0187-63-6110
FAX:0187-63-6104

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842