由利地域のアスパラガス

県南:由利地域
(由利本荘市、にかほ市)
由利地域
 本県ではアスパラガス栽培が盛んであり、その中でも由利地域は年々栽培面積が増加するなど、勢いのある地域です。現在、作付面積が県内1位の54ha(H30年度計画)、販売額が2位の176百万円(H29年度実績)の規模となっており、今後も増加する見込みとなっています。
 アスパラガスの栽培は、4〜5月の春芽の収穫から始まり、その後、親茎を立てる作業(立茎作業)を行います。その親茎で光合成をすることで、貯蔵根に養分が蓄えられ、6〜9月までの夏芽の収穫と続きます。
 また、由利地域では、本県で主流の露地栽培だけでなく、春の早い時期から出荷できるハウス栽培も増えており、生産の拡大が期待されています。

第2回 アスパラガスの立茎作業が行われています

◎アスパラガスのほ場

アスパラガスのほ場
露地栽培のほ場です。5月下旬から6月上旬にかけて立茎作業(りっけいさぎょう)が行われています。


●立茎作業(りっけいさぎょう)とは
アスパラガスの貯蔵根に養分を蓄えるため、アスパラガスを収穫せずに伸ばす作業のこと。

◎立茎したアスパラガス

立茎したアスパラガス
立茎作業で伸ばした親茎は、2m近くにまで生長します。親茎で光合成をすることで、次の夏芽(なつめ)の萌芽(ほうが)につながります。


●萌芽(ほうが)とは
芽が出てくること。27cm程度まで伸びると、収穫・出荷されます。

◎ハウス栽培の様子

ハウス栽培の様子
ハウス栽培では、露地栽培よりも早く立茎作業が行われました。伸びた茎は枝分かれし、そこから擬葉(ぎよう)を伸ばして光合成をします。


●擬葉(ぎよう)
針状の葉のような形をした茎のこと。

◎アスパラガスの花

アスパラガスの花
ハウス栽培では、5mmほどのかわいい花が咲いています。




◎7月になると、夏芽のアスパラガスの出荷が本格的に始まります!


取材協力:JA秋田しんせい アスパラガス生産者                                                             
◇記事編集◇

秋田県由利地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班 伊藤 晶
                                                             長谷山 祐里恵
                  
〒015-8515 秋田県由利本荘市水林366番地
TEL:0184-22-7551
FAX:0184-22-6974

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842