ひばり野まごころ「ひばり野オクラ」

県南:雄勝地域
(羽後町新成地区)
雄勝地域
  「ひばり野オクラ」の生産地である羽後町は、日照量が多く、オクラの施設栽培に適した地域です。「ひばり野オクラ」は昭和51年に生産が開始され、羽後町は県内有数のオクラ産地として、オクラの食文化を確立しました。「ひばり野オクラ」は実が大きく、柔らかく、よく粘るのが特徴です。出荷量は毎年300万本を超え、全て県内で流通・取引されています。
 通常のオクラは、開花から1週間程度で全長6〜7cmとなり収穫適期になりますが、「ひばり野オクラ」は、同期間で全長10〜12cmまで生長し、通常より短期間で柔らかいオクラになります。露地栽培されている大きいオクラは収穫日数が長期間になるため、筋張って堅いと敬遠されがちですが、「ひばり野オクラ」は大きくても柔らかいため、高い市場評価を得ており、他産地のオクラと比較して3〜5割程度高値で取引されています。
 昭和60年から試食販売キャンペーンを行っており、生産者自らが販売者となって「ひばり野オクラ」のPRを行っています。2017年には「ひばり野オクラ」が県内で2番目の地理的表示保護制度(GI)登録産品となり、社会的評価も高まっています。

定植作業が行われています!

◎発芽したオクラの苗

発芽したオクラの苗
移植栽培を行うため、ポットへ種まきをして育苗します。3〜4日程度で発芽します。



◎育苗の様子

育苗の様子
電熱線を利用し、地温の確保に努めます。また、乾き過ぎないように細心の注意を払って水管理を行います。



◎育苗巡回で技術向上

育苗巡回の様子
組合員全戸のハウスを巡回します。生産者個々の栽培技術の向上と組織全体のレベルアップを図ります。



◎定植直後のオクラ

定植直後のオクラ
種まきから30日後、1株あたり3〜4本定植します。オクラは寒さに弱いため、昼間は30℃程度、夜間は20℃程度で管理し、生育の促進を図ります。



取材協力:JAうご 新成園芸組合
◇記事編集◇

秋田県雄勝地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班 猿田 文平
〒012-0857 秋田県湯沢市千石町二丁目1番10号
TEL:0183-73-5114
FAX:0183-72-6897

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842