早春の旬 羽後町の特産野菜「ふくたち」

県南:雄勝地域
(羽後町新成地区)
雄勝地域
 県南地域で昔から食されてきた「ふくたち」。県南地域では馴染み深い野菜で、春の訪れを告げる野菜として親しまれています。収穫時期は2月下旬から4月上旬までの約1カ月間と短く、幻の野菜ともいわれています。
 「ふくたち」はハクサイの種から栽培します。夏に種をまいて降雪前に収穫するハクサイに対し、「ふくたち」は秋に種をまき、越冬させて収穫します。成長した苗は寒気にさらされると花芽を形成し、芯を伸ばす「とう立ち」を始めます。この状態で収穫したものは寒締めの効果もあり、特に甘みが強いものとなります。ハクサイとは姿形も異なり、味も全くの別物です。
 JAうご新成園芸組合では、13戸の組合員がハウスで栽培しています。中には「とう立ち」させないものも流通していますが、同組合では2014年に「ひばり野ふくたち」を商標登録し、きちんと「とう立ち」させた、甘味の強い、こだわりのふくたちをお届けしています。今年は約15tの出荷を見込んでおり、横手市と秋田市の青果卸2社へ出荷後、県内のスーパーで販売されます。

「ふくたち」は秋田県内限定&期間限定で出荷されます!

◎育苗期の「ふくたち」

育苗期の「ふくたち」
播種1カ月後、定植前の様子です。本葉が3〜4枚程度開いた後、株間25p間隔で丁寧に植え付けます。



◎定植後の様子@

定植後の様子@
定植2週間後の様子です。活着が進み、順調に葉数が増えてきています。



◎定植後の様子A

定植後の様子A
定植後2カ月後の様子です。老化して黄色くなった葉は病害発生の原因となるため、随時摘み取ります。



◎まもなく収穫

まもなく収穫
定植後3カ月後の様子です。花芽が見え始め、まもなく収穫を迎えます。



◎収穫期のハウスの様子

収穫期のハウスの様子
1mを超える積雪の中、「ふくたち」が栽培されています。今年は氷点下15℃を下回る日もあり、雪国の厳しさが垣間見えます。



◎収穫前のほ場巡回

収穫前のほ場巡回
収穫の時期が近づくと、部会員全員でほ場を巡回します。今年の出来映えについて、侃々諤々と議論が繰り広げられます。



◎これぞ、とう立ち!

これぞ、とう立ち!
花が咲き始めた花蕾と茎の部分の様子です。寒気にさらされ、甘さがぎゅっと凝縮しています。


●とう立ちとは
気温や日長などにより、花をつけた茎が伸びだすこと

◎自慢のとう立ち印!

自慢のとう立ち印
とう立ちのシールがおいしさとこだわりの証。今年も丹精こめて栽培された「ふくたち」が出荷されます。



◎試食販売で認知度向上!

試食販売で認知度向上!
毎年、秋田市内のスーパーで、試食販売のキャンペーンが行われています。レシピ集の配布と併せて「ふくたち」の魅力を発信しています。



◎ノーザンハピネッツを応援!

ノーザンハピネッツを応援!
地元スポーツチームとのタイアップ活動です。「JAのうまいもんみ〜つけた!」のコーナーで美味しい食べ方と商品を紹介したほか、観客の皆さんにふくたちが無償配布されました。



◎県内のスーパーで販売されています!

 県内の「いとく」、「マックスバリュー」、「グランマート」等で販売されています。シーズンは2月下旬から4月上旬と短いですが、秋田の春を告げる旬の風味を是非ご賞味ください。
取材協力:JAうご 新成園芸組合
◇記事編集◇

秋田県雄勝地域振興局 農林部 農業振興普及課 産地・普及班 猿田 文平
〒012-0857 秋田県湯沢市千石町二丁目1番10号
TEL:0183-73-5114
FAX:0183-72-6897

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842