春植えたまねぎの野望

県南:平鹿地域
(横手市)
平鹿地域
 横手市内におけるたまねぎの従来の栽培方法は、秋に定植する作型(秋植えたまねぎ)が中心で、雪の下で越冬させ、翌年の6月に収穫します。そのため、雪害や長期間のほ場の占領といった課題があります。
 その課題に対応するため、現在は春に定植する作型(春植えたまねぎ)に挑戦しています。春植えたまねぎは雪解け後に定植し、その年の7月に収穫する作型です。そのため、定植から収穫までの期間が短く、たまねぎを収穫した後に別の作物を作付することができるほか、雪害を避けることもできます。反面、梅雨の影響を受けて腐敗しやすいリスクもあります。
 横手市内では学校給食向けに春植えたまねぎが生産されています。初めは秋植えとは異なった作型に苦労しましたが、徐々に栽培技術が向上し、学校給食向けの出荷量についてはH27年度が約4,000kg、H28年度が約7,000kgと年々増加しています。

第1回 春植えたまねぎの作業について

◎定植後

定植後
雪解け後、マルチングした場所にたまねぎの苗を定植します。


●マルチングとは
雑草防除・地温確保等のためにビニルやわらで土を被うこと。今回は地温確保のために行っています。

◎すくすく成育中

すくすく成長中
地上部が十分に育つと、大きなたまねぎになりやすくなります。



◎収穫まであと少し

収穫まであと少し
地上部が倒れてから約1週間後に収穫を迎えます。

◎収穫

収穫
土中から掘り起こされたたまねぎは、まだ淡い色をしています。乾燥させることで茶色のぱりぱりとした皮に変化します。



取材先:横手市内ほ場                                                             
◇記事編集◇

秋田県平鹿地域振興局 農林部 農業振興普及課 担い手・経営班 鎌田 彩歌
〒013-8502 横手市旭川一丁目3−41/div>
TEL:0182-32-1805
FAX:0182-33-2352

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842