松くい虫予防剤樹幹注入

県北:山本地域
(能代市 風の松原)
山本地域
 「風の松原に守られる人々の会」の毎年定例となっている、マツ枯れ予防対策活動が実施されました。今年度は風の松原内いこいの広場付近で開催され、薬剤メーカー担当者の指導のもとで、4本のクロマツ大径木に樹幹注入の作業が行われました。会員の高齢化が進んでいるため、参加者は意欲は高いものの体力が追いつかない状態でしたが、マツを守っていかなければという強い気持ちが活動から伝わってきました。

第2回 風の松原の樹幹注入作業について
(平成29年3月1日)

◎作業の手順について@

作業の手順について@
この日は天気も良く、米代西部森林管理署職員など含め約30名が参加し、薬剤メーカーから取り扱いの説明を受け、2班にわかれて作業が開始されました。


●樹幹注入とは
健全な松に薬剤を注入し、傷口から侵入したマツノザイセンチュウの樹体内での移動や増殖を阻止する。

◎予防剤についてA

予防剤についてA
「グリーンガード・エイト」という予防剤を使用します。この薬剤は6年間効果が持続します。



◎作業の状況についてB

作業の状況についてB
何本の予防剤を打つかは幹の太さによって決まっています。ドリルで幹に穴をあけ、栓を取り付けていきます。



◎作業後のクロマツC

作業後のクロマツC
準備した48本の薬剤の打ち込みは、1時間くらいで終了しました。容器のボトルは次の日に抜き取ることにしています。



取材協力:風の松原に守られる人々の会
◇記事編集◇

秋田県山本地域振興局 農林部 森づくり推進課 林業振興班 木村 明憲
〒016-0815 秋田県能代市御指南町1−10
TEL:0185-52-2181
FAX:0185-53-5565

◇ページ管理◇

秋田県農林水産部 農林政策課 企画・広報班 進藤 佑介
〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
TEL:018-860-1723
FAX:018-860-3842