農業情報

2022-07-29

平鹿地域生育状況報告(令和4年7月28日)


【作物】
7月25日現在の水稲定点調査(あきたこまち11か所)では、草丈79.5cm(平年比106%)、茎数469本/㎡(同比92%)、葉数12.4葉(同差+0.2葉)、葉色42.0(同比103%)となっています。

【野菜】
えだまめ:早生品種の出荷盛期を迎えており、8月からは、中早生品種(湯上がり娘等)の出荷が始まる予定です。

すいか:普通栽培の出荷が始まりました。7月26日には知事へ「JAふるさと西瓜部会出荷開始」の報告を行いました。

アスパラガス:露地の夏芽の出荷が続いています。

【果樹】
りんご:鳥害が発生し、被害防止対策が行われています。

ぶどう:大粒種の摘粒作業が終盤を迎え、袋かけ作業が始まりました。

もも:「あかつき」の着色が始まり、収穫が間近になりました。

【花き】
キク類:盆需要の輪ギク・小ギクの出荷量が多くなっていますが、梅雨明け以降の高温続きで開花の進みがやや遅くなっています。

トルコギキョウ:盆需要の出荷量が多くなっています。