データバンク

2019-08-02

仙北地域生育状況報告(令和元年8月2日)


【花き】
りんどう:出荷量が多くなってきています。(日量  2,100c/s)予対取引もあり単価は堅調です。
小菊:7月下旬から短いものが出荷されていたが、8月に入り品質が良いものが多く出荷されてきています。単価も上がってきています。
輪菊:当産地の輪菊は順調に出荷されているが、大産地(愛知)で大量に出荷が続いるため全国的に単価が低迷しています。盆需要期後半の8月7日以降には、品薄感が出始めるため単価が上昇すると思われ、期待しています。