農業情報

2019-07-26

由利地域生育状況報告(令和元年7月26日)


【水稲】
 7月25日の水稲定点調査結果(3品種・移植8か所平均)によると、草丈は68.4cmと平年より短く(平年比93%)、㎡あたり茎数は471本で少なく(平年比94%)なっています。今後の気温が平年並みで推移すれば定点平均の出穂期は平年より3日早い8月2日頃になると見込まれます。

【野菜】
ねぎ:夏ねぎの収穫が始まっており、出荷量が増加しています。

なす:長なすの出荷が始まりました。出荷は10月中下旬まで続きます。

【果樹】
りんご:草刈りや不要な枝の整理などの夏期管理作業が行われています。

【花き】
リンドウ:お盆出荷向け品種は今週から出荷量が増えてきました。来週後半~再来週前半にかけて収穫ピークとなる見込みです。

小ギク:お盆出荷向け品種が収穫始期を迎えています。