データバンク

2019-05-10

平鹿地域生育状況報告(令和元年5月10日)


【水稲】
耕起作業の盛期(進捗率50%)は平年より1日早い5月6日となりました。

【野菜】
ねぎ:秋冬どり栽培の定植作業が始まりました。

えだまめ:「湯あがり娘」などの中早生品種の播種作業が始まりました。

アスパラガス:出荷が始まりました。

すいか:普通栽培の定植作業が終盤をむかえています。

きゅうり:半促成栽培の定植作業が終了しました。

トマト:ハウス夏秋どり栽培の定植作業が進んでいます。

【果樹】
りんご:「ふじ」は5月9日(平年より2日早い)に満開となり、人工受粉や新梢の花摘み作業が盛んに行われています。

ぶどう:「キャンベル・アーリー」が5月3日(平年より2~4日早い)に、「シャインマスカット」は5月9日(平年並み)に展葉しました。

おうとう:「佐藤錦」は十文字町で4月30日(平年より3日早い)、増田町で5月1日(平年より2日早い)に満開になりました。

もも:「あかつき」は4月29日(平年より3日早い)、「川中島白桃」は5月1日(平年より2日早い)に満開となりました。

【花き】
キク類:8月出荷向けは5月3~4日に定植ピークを迎え、ほぼ終了しました。