データバンク

2018-07-06

由利地域生育状況調査(平成30年7月6日)


【水稲】
 7月5日の水稲定点調査結果(3品種・移植8か所平均)によると、草丈は51.2cmで平年並(平年比101%)、㎡あたり茎数は491本で平年より少なく(平年比86%)、葉数は9.7葉で平年並(平年差-0.2葉)となりました。
 カメムシ対策として畦畔等の草刈り作業が行われています。また、茎数が確保されたほ場では中干しが始まっています。

【野菜】
えだまめ:極早生品種や早生品種が開花期を迎えています。約一ヶ月後に収穫が始まります。

【果樹】
りんご:「ふじ」の果実肥大は、やや大きい状態で推移しています。現在、摘果の最終作業と果実の受光環境を良くするため不要な枝の除去作業を実施しています。

【花き】
盆出荷小ギク:発蕾(蕾の形成)が確認されています。