農業情報

2017-09-21

秋田地域生育状況報告(平成29年9月21日)


【水稲】
 管内全体の出穂期は平年より3日遅い8月4日でした。その後の登熟期間中は平年並からやや低温で経過したため、登熟は平年より遅れ気味となっています。
 9月15日現在の定点調査ほの1㎡当たりの着粒数は32.4千粒(平年比95%)と平年より少なくなっています。田植えの早晩や地域により生育状況が異なっているため、着粒数のほ場間差は大きくなっています。

【野菜】
枝豆:中晩生品種「あきたほのか」の収穫作業が行われています。

スナップエンドウ:秋どり作型の収穫作業が来週頃から始まる予定になっています。