農業情報

2017-07-18

由利地域生育状況報告(平成29年7月18日)


【野菜】
ナス:来週から本格的に長なすの出荷が始まります。低温の影響で1週間ほど遅れましたが、品質は良好です。

サヤインゲン:収穫作業が始まっています。昨年よりも高単価で推移しています。

えだまめ:播種作業はほぼ終了し、中耕などの管理作業が行われています。5月中旬播種の品種は開花が始まりました。

【果樹】
リンゴ:「ふじ」の管内平均横径は平年比111%で、大きめで推移してきます。現在、摘果の最終作業と果実の受光環境を良くするため不要な枝の除去作業を実施しています。

【花き】
リンドウ:お盆出荷用の品種はすべて出蕾し、昨年より10日ほど生育は遅れていますが、需要期に出荷ピークを迎えそうです。極早生品種の出荷も増えています。