データバンク

2017-06-16

秋田地域生育状況報告(平成29年6月16日)


【水稲】
6月10日現在の定点調査ほ(あきたこまち:10地点平均)の草丈は24.8cmで平年の95%と平年より短く、1㎡当たり茎数は130本で平年の73%と平年より少なく、葉数は5.9葉で平年より0.6葉少なく、生育は平年より遅くなっています。

【野菜】
スナップエンドウ:収穫作業が行われています。

小なす:5月中旬から下旬にかけて定植され、現在は開花期を迎えています。
 
【花き】
キク類(お盆出荷作型):施設輪ギクでは消灯期を迎えており、順調に生育しています。露地小ギクは低温の影響によりやや生育が緩慢となっています。

トルコギキョウ:季咲き作型は、3月定植で出蕾始めとなっており、1番花の摘蕾作業が始まりました。抑制作型は、圃場準備作業中です。

ダリア:定植作業がほぼ終了し、順調に萌芽しており、摘心作業が進んでいます。3月定植や据え置き栽培では出荷が続いており、品質は良好です。