データバンク

2017-06-16

由利地域生育状況報告(平成29年6月16日)


【水稲】 
6月9日の水稲定点調査結果(3品種・移植8か所平均)によると、草丈は24.6cmで平年よりやや短く(平年比94%)、㎡あたり茎数は148本で平年より少なく(平年比67%)、葉数は5.6葉(平年差-0.7葉)と、6月の低温の影響で生育は平年より遅くなっています。

【野菜】 
そらまめ:6月15日から収穫が始まりました。昨今の低温により、昨年よりも収穫開始は遅れましたが、品質は良好です。18日の父の日に向け、高単価が期待されます。

スイカ:普通栽培ではトンネル除去作業が行われています。また人気の小玉スイカ「あきた夏丸チッチェ」の整枝作業も行われています。

【果樹】
リンゴ:摘果作業が順調に進められています。

イチジク:余分な結果枝を取り除く芽欠き作業と、カミキリムシの加害から幹を保護する処理が行われています。

【花き】
盆小ギク:整枝作業が行われています。

ダリア:施設据え置き栽培で6月14日から出荷が始まっています。