農業情報

2015-09-11

北秋田地域生育状況報告(平成27年9月11日)


【水稲】
管内の出穂期は平年より2日早く、8月前半の好天で登熟が順調に進みましたが、8月下旬からの低温・少照で登熟が緩慢となっており、本格的な刈り取りは平年並みになると見込まれます。

【野菜】
えだまめ:JAあきた北の現在の出荷量は、日量1100~1200箱(5kg/箱)と2回目の出荷ピークを迎えています。消費地の気温低下等の影響により、単価は80円/250g袋と苦戦しています。

【花き】
トルコギキョウ:秋彼岸出荷作型では、蕾が色づき始めてきました。出荷は来週から始まる見込みです。
デルフィニウム:抑制作型の株が定植して約2週間経過しました。8月中旬以降気温が涼しいことから、枯死が少なく順調に生育しています。