農業情報

2015-05-22

秋田地域から情報提供します!(平成27年5月22日)


【水稲】
5月20日現在の田植え作業の進捗率は、72.0%(平年72.8%)となっています。また、田植え作業の盛期(進捗率50%)は平年より1早い5月17日となりました。 

【畑作物】
小麦:5月15日現在の生育は、草丈60.2㎝(平年比97%)、茎数543本/㎡(平年比66%)で、出穂期は平年より8日早い5月11日となりました。

【野菜】
ブロッコリーの花蕾が見え始めました。定植作業は4月15日頃がピークで、その後も天候に恵まれたため、生育は良好です。収穫は6月上旬から始まる予定です。 


【果樹】
日本なし、りんごともに摘果作業が盛んに行われています。開花期間中は、天気が良く、訪花昆虫の活動が活発に行われ、また、人工受粉の効果も発揮し、概ね結実が確保されています。

【花き】
輪ギク:施設輪ギクの出荷が6月上旬から始まる予定です。
小ギク:露地出荷作型では摘芯作業が終了し、側枝が発生してきています。彼岸出荷作型は現在育苗中です。