農業情報

2015-04-10

「秋田地域生育状況報告(平成27年4月10日)」


【水稲】
育苗に向けて、ハウスの準備等が始まっています。播種作業が本格的に始まるのは4月11日以降と見られます。

【畑作物】
小麦:3月30日に行われた生育調査の結果は、草丈13.7cm(平年比105%)、茎数582本/㎡(平年比54%)、幼穂長0.4mm(平年差-0.6mm)でした。

【野菜】
 キャベツ・ブロッコリーの定植が始まりました。今春は寒暖差が大きく、苗に生育差が見られます。ほ場の準備が整い次第、順次定植が行われます。

【果樹】
 日本なしの‘幸水’の発芽は、男鹿市中石4月3日、潟上市昭和4月1日、秋田市下新城4月1日に確認しています。りんご‘ふじ’では、秋田市雄和で3月31日に発芽を確認しています。日本なし、りんごとも、平年よりも10日早く生育が進んでいます。

【花き】
キク類:お盆出荷作型では、挿し芽作業・育苗が始まっています。
ダリア:貯蔵球根の状態はほぼ良好です。挿し芽苗育苗も順調に進んでいます。
トルコギキョウ:お盆出荷作型では、定植作業が始まっています。