農業情報

2014-07-18

由利地域生育状況報告(平成26年7月18日)


【水稲】
7月15日の水稲定点調査結果によると、草丈は60.9cmでやや短く(平年比96%)、㎡あたり茎数は551本で平年並(平年比99%)、葉数は10.9葉と平年並(平年差-0.1葉)となりました。ほとんどのほ場で幼穂形成期に入っており、稲の生育状況を見ながら、必要に応じて追肥作業が行われています。

【畑作物】
大豆:1回目の中耕・培土作業はほとんど終わり、2回目、3回目の中耕・培土作業が行われています。

【野菜】
ミニトマト:出荷が徐々に増えています。

【果樹】
りんご:果実肥大は概ね平年並です。見直し摘果がすすめられています。

【花き】
リンドウ:極早生品種の出荷が本格化しています。お盆出荷用品種は生育の進んでいるほ場では着色し始めています。

盆出荷キク:出蕾期がすすみ、蕾が大きくなってきました。