農業情報

2014-06-06

秋田地域生育状況報告(平成26年6月6日)


【水稲】
5月30日現在の田植え作業の進捗率は99.0%(平年99.7%)で、終期(進捗率95%)は5月28日となり、平年より2日遅くなりました。

【畑作物】
小麦:5月30日現在の生育は、稈長86.5㎝(平年比103%)、穂長8.2cm(同99%)、穂数532本/㎡(平年比73%)で、穂数が少ない生育状況となっています。

【野菜】
かぼちゃ:現在、交配時期を迎えています。今後順調に生育が進めば、早いほ場では7月下旬から収穫が始まる見込みです。

ブロッコリー:6月1日から収穫が始まっています。例年に比べて、出荷時期は若干早く、品質は良好です。

【果樹】
りんごや日本なしの果実は、生産者の徹底した受粉作業や開花期間の好天により、例年並みの結実が確保されました。5月30日現在の果実肥大状況は、りんご、日本なしともに平年並みとなっています。各果樹園では、不要な果実を摘み取る粗摘果作業などが盛んに行われています。

【花き】
キク類:9月彼岸出荷作型では定植作業が始まりました。お盆出荷作型では整枝作業が進んでいます。

ダリア:定植作業が始まりました。挿し芽苗の苗質は良好です。