データバンク

絞り込み検索
キーワード小分類指定:機関団体指定: 

 平鹿地域生育状況報告(令和4年9月30日)
【作物】
稲の刈取作業の始期(進捗率5%)は平年より2日遅い9月25日となりました。

【野菜】
カリフラワー:出荷が始まりました。
えだまめ:晩生品種「秘伝」の出荷が始まりました。

【果樹】
りんご:「やたか」の収穫が始まりました。「ふじ」の摘葉作業が始まりました。
ぶどう:「シャインマスカット」の収穫が盛んに行われています。

 平鹿地域生育状況報告(令和4年9月22日)
【野菜】
アスパラガス:出荷が終盤を迎えています。
えだまめ:「あきたほのか」の出荷が続いています。

【果樹】
りんご:「シナノスイート」の摘葉作業が始まりました。
ぶどう:「シャインマスカット」の収穫はやや遅れ気味です。
 平鹿地域生育状況報告(令和4年9月16日)
【作物】
稲刈りが始まりました。

【野菜】
えだまめ:県育成品種「あきたほのか」の出荷が続いています。
すいか:9月15日西瓜販売実績検討会が行われました。

【果樹】
りんご:「やたか」の葉摘み作業が終了し、玉回し作業が行われています。
ぶどう:「シャインマスカット」の収穫が始まりました。
台風への備えが行われています。

 平鹿地域生育状況報告(令和4年9月9日)
【野菜】
えだまめ:中晩生品種「つきみ娘」の出荷が続いています。12日の週から県育成品種「あきたほのか」の出荷が始まります。

【果樹】
りんご:「つがる」の収穫はほぼ終了し、「やたか」の摘葉作業が盛んに行われています。
ぶどう:「巨峰」の収穫が順調に進んでいます。
もも「川中島白桃」の収穫は終盤です。

【花き】
キク類:9月彼岸向けの出荷量が増加しピークにさしかかっています。
トルコギキョウ:9月出荷の出荷量が増えてきました。 
ダリア:露地栽培の出荷量が多くなっています。
 平鹿地域生育状況報告(令和4年9月2日)
【野菜】
えだまめ:中生品種(ゆかた娘等)の出荷が続いており、次週からは中晩性品種(つきみ娘等)の出荷が始まります。

【果樹】
りんご:「つがる」の収穫が始まりました。「やたか」の摘葉作業が始まりました。

ぶどう:「キャンベル」の収穫は終盤を迎えました。

もも:「川中島白桃」の収穫は最盛期です。

【花き】
キク類:9月出荷作型のキク類の出荷がやや遅れています。

ダリア:露地栽培の出荷量が増えてきました。 
 平鹿地域生育状況報告(令和4年8月26日)
【作物】
穂揃期の生育調査では、穂数が409本/㎡(平年比91%)、㎡当たり着粒数が32,943粒(同比98%)となっています。

【野菜】
すいか:遅出栽培の出荷が終盤を迎えています。

えだまめ:中早生品種(湯あがり娘、夏風香)の出荷が主体で、次週から中生品種(ゆかた娘)の出荷が増加します。

キャベツ:9月穫りの加工用・業務用キャベツが結球始期を迎えています。

【果樹】
りんご:「つがる」は着色管理の仕上げとして玉回しが行われています。

もも:「川中島白桃」の収穫が始まりました。

ぶどう:「キャンベル・アーリー」の収穫が最盛期になりました。

【花き】
キク類:9月出荷作型の輪ぎくは摘蕾作業が終盤となっています。小ギクの蕾も順調に大きくなっています。
 平鹿地域生育状況報告(令和4年8月19日)
【野菜】
えだまめ:中早生品種、中生品種の出荷が続いています。

【果樹】
りんご:「つがる」の葉摘み作業が始まりましたが、雨の日が多く着色の遅れが心配されます。
もも:「あかつき」の収穫はほぼ終了しました。

【花き】
キク類:9月出荷作型の輪菊では摘蕾作業が行われています。小ギクは蕾が見え始めてきました。
ダリア:露地栽培の出荷が始まりました。

 平鹿地域生育状況報告(令和4年8月4日)
【作物】
管内の出穂期は平年より1日早い8月3日となりました。 
【野菜】
すいか:普通栽培の出荷が続いています。
ねぎ:夏ねぎ出荷の目揃い会が行われました。
えだまめ:来週から中早生品種「湯あがり娘」の出荷量が増加します。
アスパラガス:夏芽の出荷盛期を迎えています。

【果樹】
もも:「あかつき」の収穫が始まりました。
ぶどう:大粒種の袋かけ作業が終盤となっています。

【花き】
キク類:盆需要の出荷が盛期となっています。
トルコギキョウ:盆需要の出荷が盛期となっています。
 平鹿地域生育状況報告(令和4年7月28日)
【作物】
7月25日現在の水稲定点調査(あきたこまち11か所)では、草丈79.5cm(平年比106%)、茎数469本/㎡(同比92%)、葉数12.4葉(同差+0.2葉)、葉色42.0(同比103%)となっています。

【野菜】
えだまめ:早生品種の出荷盛期を迎えており、8月からは、中早生品種(湯上がり娘等)の出荷が始まる予定です。

すいか:普通栽培の出荷が始まりました。7月26日には知事へ「JAふるさと西瓜部会出荷開始」の報告を行いました。

アスパラガス:露地の夏芽の出荷が続いています。

【果樹】
りんご:鳥害が発生し、被害防止対策が行われています。

ぶどう:大粒種の摘粒作業が終盤を迎え、袋かけ作業が始まりました。

もも:「あかつき」の着色が始まり、収穫が間近になりました。

【花き】
キク類:盆需要の輪ギク・小ギクの出荷量が多くなっていますが、梅雨明け以降の高温続きで開花の進みがやや遅くなっています。

トルコギキョウ:盆需要の出荷量が多くなっています。
 平鹿地域生育状況報告(令和4年7月22日)
【作物】
7月15日現在の水稲定点調査(あきたこまち11か所)では、草丈66.3cm(平年比105%)、茎数488本/㎡(同比91%)、葉数11.2葉(同差+0.2葉)、葉色43.4(同比100%)となっています。

【野菜】
すいか:7月20日にJA秋田ふるさと「西瓜出発式」が開催され、大玉スイカの出荷が始まりました。
とまと:出荷量が増えてきました。
えだまめ:7月25日から極早生、早生品種の出荷量が増加します。
きゅうり:露地栽培の出荷量が増加してきています。

【果樹】
りんご:果実肥大は摘果作業の早晩による差が大きくなってきました。
ぶどう:大粒の摘粒作業は降雨が続き、やや遅れ気味です。
もも:晩生種の袋掛け作業が終盤になりました。

【花き】
キク類:盆需要期向け作型の輪ギクと小ギクの出荷が始まりました。6月からの曇雨天続きでやや遅れています。
トルコギキョウ:3月定植作型の出荷が始まりました。今後はお盆に向けて出荷量が多くなります。
___12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 次へ


[TOPへ]