データバンク

絞り込み検索
キーワード小分類指定:機関団体指定: 

 秋田地域生育状況報告(平成28年9月16日)
【野菜】
枝豆:秋田県オリジナル品種「あきたほのか」の収穫がほぼ終了しました。

キャベツ:定植時期の8月に極端に降雨が少なく、生育への影響が懸念されましたが、現在は順調に生育が進んでいます。 

【果樹】
なし:潟上市、秋田市では、「豊水」の収穫が始まりました。
 秋田地域生育状況報告(平成28年9月7日)
【果 樹】
ニホンナシ:「幸水」は、潟上市、秋田市で、収穫が終盤を迎えています。
リンゴ:早生品種「つがる」の収穫が始まっています。

【花 き】
キク類:秋彼岸用の出荷量が増加し、ピークは来週となる見込みです。
ダリア:出荷量が増加してきました。9月中旬から1番花の出荷がピークとなる見込みです。
トルコギキョウ:抑制作型で無シェード栽培では出荷が始まりました。品質はおおむね良好です。シェード処理栽培では芽整理作業中です。
 秋田地域生育状況報告(平成28年9月1日)
【畑作物】
大豆:定点調査ほ場(管内4ヵ所)の8月31日現在の生育状況は、主茎長45.0cm(平年比83%)、葉数12.8葉(同差-0.6葉)、分枝数5.0本(同差+2.1本)でした。平年に比べ主茎長が短く葉数は少ないものの、分枝数は多くなっています。

【野菜】
枝豆:中生品種の収穫が終盤を迎えつつあります。秋田県オリジナル品種のひとつ「あきた香り五葉」の収穫が今月から始まります。 

【果樹】
なし:日本なし産地の男鹿市中石地区では、主力品種「幸水」の収穫が9月2日から始まります。
 秋田地域生育状況報告(平成28年8月26日)
【水稲】
 8月20日現在の定点調査ほの㎡当たりの穂数は、423本(平年比95%)で平年より少なく、一穂着粒数は75.0粒(同99%)で平年並、㎡当たりの着粒数は31.4千粒(同93%)と平年より少なくなっています。ただし、ほ場により穂数、一穂着粒数が異なり、㎡当たりの着粒数は25千~37千粒と、ほ場間差が大きくなっています。 

【果樹】
日本なし:潟上市では、「幸水」の収穫が25日頃から始まります。例年よりも7日程度早い収穫を迎えます。
 秋田地域生育状況報告(平成28年8月18日)
【野菜】
枝豆:中早生、中生品種の収穫が続いています。

アスパラガス:夏芽の収穫が続いています。

キャベツ:秋冬どりの定植がほぼ終了しました。
 秋田地域生育状況報告(平成28年8月12日)
【野菜】
アスパラガス:夏どりの収穫が行われています。収穫はおおむね9月頃まで続く予定となっています。

【花き】
トルコギキョウ:季咲き作型は、お盆の出荷ピークが8月1日~10日となり、品質も良好でした。抑制作型は、8月10日でシェード処理が終了し、下芽かき作業中です。

ダリア:お盆明けから出荷を再開します。9月以降の需要期に向けて芽かき、摘蕾作業が続いています。アザミウマ類、ヨトウムシ類の発生が多く、防除に苦慮していますが、全体的には順調に生育しています。
 秋田地域生育状況報告(平成28年8月5日)
【水稲】
管内の出穂盛期は8月1日となり、平年より2日早くなりました。 

【畑作物】
大豆:定点調査ほ場(管内4ヵ所)の7月29日現在の生育状況は、主茎長31.5cm(平年比73%)、葉数9.6葉(同差-1.3葉)となっており、平年より生育量が小さくなっています。また、7月の降雨により3回目の中耕・培土作業に入れなかったほ場が多くなっています。

【野菜】
枝豆:極早生・早生品種の収穫がほぼ終了しました。中早生品種の収穫が始まっています。 

【果樹】
キイチゴ:夏収穫品種「チルコチン」の収穫がほぼ終了しました。秋収穫品種「ヘリテージ」が出始めるのは、お盆頃からとなります。 

【花き】
トルコギキョウ:季咲き作型は出荷のピークとなっており、品質は良好です。抑制作型は、シェード(短日)処理が終了~終了間近となっており、下芽かき作業中です。生育は順調です。

ダリア:高温による奇形花や葉焼け等の発生が見られますが、9月の需要期に向けて芽かき、摘蕾、葉かきの作業を行っています。
 秋田地域生育状況報告(平成28年7月28日)
【水稲】
7月25日現在の定点調査ほ(あきたこまち:10地点平均)の草丈は74.1㎝(平年比96%)で平年よりやや短く、㎡当たりの茎数は464本(同99%)で平年並、葉色(葉緑素計値)は36.8(同98%)で平年並となっています。また、葉数は12.5葉(平年差+0.1葉)で、平年並となっています。田植え時期の早晩等により、ほ場によって生育の状況が異なっています。また、中干し期間中、定期的に降雨があったため、軟弱なほ場も見られます。 

【野菜】
枝豆:極早生品種の収穫、出荷がピークを迎えています。

ねぎ:夏ねぎの収穫、出荷が続いています。

【花き】
トルコギキョウ:季咲き作型の出荷が7月25日から始まりました。品質は良好です。 
 秋田地域生育状況報告(平成28年7月21日)
【水稲】
7月15日現在の定点調査ほ(あきたこまち:10地点平均)の草丈は64.3㎝(平年比98%)で平年並、㎡当たりの茎数は489本(同96%)で平年より少なく、葉色(葉緑素計値)は平年よりやや淡くなっています。また、葉数は11.3葉(平年差+0.2葉)で、平年並となっています。 

【野菜】
枝豆:極早生品種の収穫、出荷が7月15日頃から始まりました。 

【果樹】
キイチゴ(ラズベリー):五城目町で栽培が行われています。現在、赤いキイチゴ(品種名「チルコチン」)の収穫が盛期となっています。 

【花き】
小ギク:お盆出荷用作型で出荷が始まりました。

ダリア:5月定植圃場で出荷が始まりました。どの品目でもアザミウマ類、ダニの発生がやや多くなっております。
 秋田地域生育状況報告(平成28年7月15日)
【野菜】
枝豆:極早生品種では莢の肥大が進み、収穫間近となっています。

メロン:ハウス栽培の出荷が続いています。トンネル栽培の果実の肥大が進み、来週頃から出荷が始まる予定です。

【果樹】
りんご、日本なしの果実肥大は、順調で平年を上回っています。 
戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 24 25 26 27 次へ


[TOPへ]