データバンク

絞り込み検索
キーワード小分類指定:機関団体指定: 

 北秋田地域生育状況報告(平成27年7月3日)
【水稲】
生育は良好です。ほとんどのほ場が中干し(落水管理)を行っており、茎の充実を図っています。

【大豆】
生育は良好です。現在中耕・培土作業が本格化しています。

【野菜】
えだまめ:降水不足により例年に比べ若干草丈が低い傾向になっています。着果、莢肥大を促進するため、状況により明渠への注水を勧めています。
きゅうり:露地きゅうりの出荷が始まっています。6月後半の乾燥による大きな被害は出ていません。露地・ハウスともに病害虫の発生量が多くなってきており注意が必要です。
ねぎ:先月27~28日の降雨により、生育は回復基調となりました。一部でべと病が見られることから予防の徹底を心がけています。

【花き】
トルコギキョウ:8月出荷作型の中心花の摘蕾期となっています。9月出荷は定植が終わり、順調に生育しています。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年6月26日)
【水稲】
高温・多照の影響もあり、6月25日現在の生育は、草丈が長く、茎数が多く、枼色がやや淡い状況となっています。 生育が進んでいるほ場では中干し作業が行われています。

【大豆】
降雨日が少ないことから播種作業は順調に進み、平年より3日早い6月24日に終期を迎えました。少雨の影響はあまりみられず、出芽はおおむね順調です。

【野菜】
えだまめ:極早生品種グリーン75が開花盛期を迎えています。順調に推移すれば7月下旬に収穫される見込みです。
きゅうり:今週に入り、アブラムシが急増しています。アオムシ、ウリノメイガも散見されます。黒星病は少なく、べと病が多く発生しています。

【花き】
トルコギキョウ:8月出荷の発蕾期となっています。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年6月19日)
【野菜】
えだまめ:晩生品種(秘伝)の播種作業がはじまりました。
きゅうり、トマトでは、気温が高く推移しているため、かん水・整枝・追肥等により樹勢を維持するよう努めています。

【花き】
トルコギキョウ:お盆出荷作型の蕾が見え始めました。9月出荷の定植が行われています。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年6月12日)
【水稲】
 6月10日現在の草丈は24.9cm(平年比97%)、茎数は228本/㎡(同比115%)となっており、生育は平年より2日程度早くなっています。

【野菜】
 えだまめ:秋田農試が開発した新品種「あきたほのか」の播種作業がはじまりました。
 ししとう:平年より10日早い6月9日から出荷が始まりました。生育は順調で、今後、出荷量が増える見込みです。

【果樹】
 りんご、日本なしとも、摘果作業が盛んに行われています。

【大豆】
 播種作業が進んでおり、来週、播種盛期を迎える見込みです。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月5日)
【水稲】
 6月5日現在の田植えの進捗率は、100%です。田植え後の初期生育は概ね良好です。

【野菜】
 アスパラガス:立茎作業が行われています。
 きゅうり:露地栽培の定植作業が行われています。病害虫による被害は発生していません。

【果樹】
 りんご、日本なしとも、摘果作業が盛んに行われています。

【花き】
 トルコギキョウ:お盆出荷作型の草丈が20㎝で、平年より5日程度早い生育となっています。
 ダリア:5月末より数箱ずつ出荷が始まりました。定植は8割程度完了しました。

【大豆】
 播種作業が進んでいます。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月29日)
【水稲】
 5月25日現在の田植えの作業進捗は89.4%で、ほぼ平年並みとなっています。

【野菜】
 えだまめ:中晩生品種(あきたさやか、あづま錦等)の播種作業がはじまりました。収穫時期を集中させないため、播種は1ヶ月先の6月下旬まで行われます。
 アスパラガス:春どりアスパラガスの収穫も終盤になりました。

【果樹】
 りんご、日本なしとも、摘果作業が行われています。

【花き】
 トルコギキョウ:盆出荷作型は草丈が10㎝前後で順調に生育しています。
 ダリア:定植作業が3割程度完了しました。
 デルフィニウム:出荷が行われており、6月まで続く見込みです。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月22日)
【水稲】
5月20日現在の田植えの作業進捗は、51.4%です。田植え盛期は5月20日と平年より1日早くなっています。

【野菜】
やまのいも:定植が始まりました。作業は6月上旬まで続く見込みです。
えだまめ:中早生品種(湯あがり娘)、中生品種(青雫等)の播種作業が盛んに行われています。
アスパラガス:今週はA2L規格が160~200円/150g束で取引されています。

【果樹】
りんご、日本なしとも、摘果作業が行われています。

【花き】
デルフィニウム:今年度第1回目の出荷がピークを迎えました。花数も多く、品質のよい花となっています。
ダリア:定植が始まっています。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月15日)
【水稲】
5月10日現在の田植えの進捗率は、0.2%です。代かき作業が盛んに行われており、田植えは5月16日頃から本格的に行われる見込みです。

【野菜】
枝豆:大館市の枝豆で露地への播種が始まりました。今後、品種を様々に変え、7月はじめ頃まで播種作業が続きます。
きゅうり:5月10日頃からハウスきゅうりの定植が始まりました。

【果樹】
りんご:平年より10日程度早く、全ての品種が落花期となりました。現在、摘果作業が行われています。

【花き】
デルフィニウム:冬期据え置きのハウス栽培で開花し、一部で出荷が始まりました。
ダリア:冬期据え置きのハウスで開花が見られ、数量が揃い次第出荷が始まる見込みです。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月8日)
【水稲】
5月5日現在の耕起の進捗率は、94%です。耕起の盛期は5月2日と平年より4日早まっており、代掻き作業も順調に行われています。苗の生育は、全般に良好ですが、一部では高温による障害が見られます。

【野菜】
枝豆:大館市の枝豆栽培者による早生品種のマルチ播種が始まっています。

【果樹】
リンゴ:5月2~4日にかけて、全ての品種が満開となりました。平年より約12日早い進みとなっています。
ニホンナシ:全ての品種が落花期となっています。平年より約10日早くなっています。

【花き】
トルコギキョウ:お盆出荷の生育は抽苔期となっており、順調に生育しています。
 北秋田地域生育状況報告(平成27年5月1日)
【水稲】
4月30日現在の耕起作業の進捗率は、24.8%です。播種の終期は4月26日と平年並みとなっています。

【野菜】
アスパラガス:4月30日からJAあきた北の共同選果施設が稼働し、露地物アスパラガスの出荷が本格化しています。

【果樹】
リンゴ、ニホンナシの生態は平年より約10日早く進んでいます。
リンゴは「王林」が4月29日に開花しました。
ニホンナシは全ての品種において満開期を迎えており、人工受粉作業等が盛んに行われています。

【花き】
トルコギキョウ:盆出荷作型の定植は4月22日頃にピークを迎えました。定植後の生育は順調で、高温の影響は見られていません。
デルフィニウム:前年からの据え置き株では、花芽成長期となっています。5月下旬には出荷となる見込みです。
戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 次へ


[TOPへ]