データバンク

絞り込み検索
キーワード小分類指定:機関団体指定: 

 北秋田地域生育状況報告(平成28年8月19日)
【野菜】
えだまめ:JAあきた北の枝豆は、早生品種から中生品種へ切り替わり、「湯あがり娘」などが出荷されています。単価は、150円/250g袋(前年同期180~200円/250g袋)程度で取引されています。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年8月12日)
【野菜】
アスパラガス:好天に恵まれ、夏どりアスパラガスの出荷量が順調に伸びています。梅雨空け後の降雨が少なく、病害の発生がやや抑えられています。

えだまめ:JAあきた北の現在の出荷量は、日量800箱程度(前年同期は約400箱)となっています。今後、中生品種の収穫が始まると出荷量は増加する見込みです。また、単価は、130~150円/250g袋(前年同期は180~200円/250g袋)です。

【花き】
ダリア:7月から継続して出荷が行われています。例年、お盆にはダリアの需要が落ち込むため、単価は安値となっています。

トルコギキョウ:お盆へ向けた出荷がピークとなりました。病害虫の被害が少なく、品質は良好です。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年8月4日)
【野菜】
キュウリ:6月の日照不足により生育が遅れていましたが、7月後半から好天が続くとともに適度な降雨もあったことから、出荷量は順調に伸びています。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年7月29日)
【野菜】
えだまめ:JAあきた北では、極早生品種グリーン75や一力が、日量600~700(前年250)ケース程度出荷されています。枝豆の共同選果場は、7月23日(土)から稼働をはじめ、今後順次取り扱い量が増加する予定です。
なお、価格は150~180円(前年200~220円)/250g袋と、高単価であった前年よりは低くなっています。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年7月22日)
【水稲】
7月15日現在のあきたこまちは、草丈60.7cm(平年比96%)、茎数522本/㎡(平年比88%)、葉数11.2葉(平年差±0.0)です。葉数から見た生育は平年並みとなっており、葉色は平年よりやや淡い状況です。ほ場の生育状況に応じて追肥作業が行われています。

【野菜】
アスパラガス:夏どりの収穫作業が本格化してきており、出荷量が順調に伸びています。

えだまめ:JAあきた北では、えだまめ初出荷が7月18日(月)から開始されました。
また、農産物流通加工センター共同選果は、7月22日(金)から開始される予定です。

【花き】
デルフィニウム:据え置き株では2番花の出荷が始まっています。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年7月15日)
【大豆】
7月の天候不順の影響により葉数が2.9葉(平年4.7葉)と少なくなっていることから節数の減少が懸念されます。

【野菜】
アスパラガス:夏芽の萌芽が始まりました。7月下旬頃から夏どり出荷が本格的にスタートする見込みです。

【花き】
ダリア:1番花の出荷が始まりました。まだ数量はわずかですが、品質は良好です。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年7月8日)
【水稲】
7月5日現在のあきたこまちは、草丈52.5cm(平年比102%)、茎数532本/㎡(平年比85%)、葉数10.2葉(平年差+0.1)です。葉数から見た生育は平年並みとなっており、葉色が平年より淡い状況です。

【畑作物】
大豆:6月中旬以降、天候不順が続いたことから播種作業の終期は平年より7日遅い7月3日となりました。6月30日現在の大豆の生育は、草丈が7.8cm(平年比88%)、葉数が0.6葉(平年差-0.8葉)と、やや遅れています。

【野菜】
えだまめ:マルチ栽培を行った極早生品種が莢肥大期を迎えています。7月20日前後に初収穫を迎える見込みです。
なお、極少量ですが移植栽培を行った枝豆は、7月15日頃から出荷される見込みです。

【花き】
デルフィニウム:1番花の出荷が6月で終了し、2番花へ向けた肥培管理を行っています。
 北秋田地域生育状況報告〈平成28年7月1日)
【水稲】
6月24日現在のあきたこまちは、草丈42.9cm(平年比109%)、茎数442本/㎡(平年比84%)、葉数9.0葉(平年差+0.1)です。葉数から見た生育は、平年並みです。
目標とする茎数を確保したほ場では、中干し・溝掘り作業が行われています。

【野菜】
小玉スイカ:秋田県オリジナル品種「あきた夏丸チッチェ」の交配作業が順次行われています。順調に生育が推移すると早いものでは7月の初旬から収穫が始まる見込みです。

【花き】
ダリア:5月中旬に定植したものは発蕾期となっており、7月中旬に開花見込みです。

トルコギキョウ:4月中旬定植のものが発蕾期となっており、7月末に開花見込みです。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年6月24日)
【野菜】
えだまめ:露地播種を行った極早生品種グリーン75が開花盛期を迎えています。順調に推移すれば7月25日前後から収穫が開始される見込みです。

【果樹】
りんご、日本なしで摘果作業が行われています。
 北秋田地域生育状況報告(平成28年6月17日)
【水稲】
6月10日現在のあきたこまちは、草丈27.4cm(平年比107%)、茎数200本/㎡(平年比100%)、葉数6.6葉(平年差+0.3)です。葉数から見た生育は、平年より2~3日程度進んでいます。

【大豆】
管内の大豆播種作業は順調に進んでおり、平年並の6月14日に盛期を迎えました。

【野菜】
えだまめ:9月末から10月初め頃に収穫される「秘伝」の播種作業がはじまっています。また、マルチ栽培を行った極早生品種グリーン75が開花盛期を迎えています。順調に推移すれば7月20日ころから収穫が開始される見込みです。

きゅうり:北秋田管内全体で露地きゅうりの定植作業が終了しました。適度な降雨と日照時間があり生育は概ね良好ですが、病害の発生が前年より早く注意が必要です。

【花き】
トルコギキョウ:9月出荷作型の定植が行われています。
戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 20 21 次へ


[TOPへ]