データバンク

絞り込み検索
キーワード小分類指定:機関団体指定: 

 秋田地域生育状況報告(平成30年9月14日)
【水稲】
今週末から稲刈りが本格的に始まる見込みです。

【野菜】
エダマメ:秋田オリジナル品種“あきた香り五葉”の出荷が始まっています。

【花き】
ダリア:9月14日から東京都内の大手小売りチェーン店への出荷が始まっています。
 秋田地域生育状況報告(平成30年9月5日)
【野菜】
エダマメ:中晩生品種(つきみ娘など)の出荷が行われています。

タマネギ:秋植え作型の苗が順調に生育しています。

【果樹】
ニホンナシ:男鹿市での〝幸水”の収穫・出荷が全体的に始まっています。

【花き】
ダリア:9月4日から出荷量が増え、毎日出荷が行われています。

小ギク:彼岸向けの出荷が始まりました。
 秋田地域生育状況報告(平成30年8月30日)
【野菜】
タマネギ:秋植えタマネギの苗が発芽しています。

【果樹】
ニホンナシ:管内の一部で幸水の収穫が始まっています。

【花き】
彼岸向け小ギク:蕾が大きくなり、出荷間近になっています。8月上旬時は高温でやや遅れ気味の生育でしたが、8月下旬以降の降雨等により、需要期に出荷できると見込まれます。

ダリア:8月27日から出荷量が増加してきています。出荷量は8月29日集荷分で112ケースとなっています。前年より高温の影響でやや遅れ気味となっています。
 秋田地域生育状況報告(平成30年8月24日)
【野菜】
エダマメ:中生品種(ゆかた娘など)の収穫作業が行われています。

タマネギ:大潟村で播種作業が行われています。 
 
【花き】
彼岸向け小ギク:蕾が大きくなり、開花間近の状態になっています。
 秋田地域生育状況報告(平成30年8月17日)
【野菜】
キャベツ・ブロッコリー:秋冬どり作型の定植作業が行われています。

【花き】
盆向けキク:施設輪菊は盆需要期内に終了、小ギクは若干開花の遅れがありましたが、8/17でほぼ出荷は終了しました。
 秋田地域生育状況報告(平成30年8月10日)
【花き】
ダリア:1番花が終盤に入っています。出荷は日量25ケースで、単価は100~130円/本となっています。
トルコギキョウ:大潟地区で季咲き作型のお盆向け出荷が盛期となっています。出荷は日量150ケース で、単価は200円/本となっています。
盆向けキク:輪菊、小菊とも盆需要期にほぼ出荷ピークとなり、順調に販売されました。
彼岸向け小菊:出蕾期(蕾が見える状態)を迎えています。
 秋田地域生育状況報告(平成30年8月2日)
【水稲】
管内で出穂が始まっています。

【野菜】
メロン:男鹿市若美地区のメロンは出荷が盛期となっています。お盆までにはほぼ終了する見込みです。

カボチャ:管内で出荷が始まりました。
 秋田地域生育状況報告(平成30年7月27日)
【水稲】
7月25日現在の管内あきたこまち(10地点)の生育状況は、草丈76.7㎝(平年比99%)、茎数406本/㎡(同87%)、葉色(SPAD計値)39.2(同104%)、葉数12.4(平年差±0.0葉)となっています。多くの定点ほ場で減数分裂期を迎えており、出穂期は平年よりも早まる見込みです。

【野菜】
カボチャ:出荷が今週末から来週にかけて始まる見込みです。

【花き】
トルコギキョウ:湖東、大潟で季咲作型が出荷盛期を迎えています。湖東では日量20ケース出荷されて
 おり、単価は130円/本となっています。来週から関東方面への出荷も始まる見込みです。大潟では日
 量50ケース出荷されており、大田市場へのみの出荷ですが、単価が245円/本となっています。どちら
 も平年並みの動きとなっています。

盆向けキク:秋田地域のキクは男鹿市、潟上市天王地区で栽培され、盆需要に向け施設輪菊は白輪菊
 「岩の白扇」、露地小菊の出荷が始まりました。開花は最近の高温でやや遅れ気味ですが8月6日頃
 ピークになる見込みです。
 秋田地域生育状況報告(平成30年7月20日)
【水稲】
管内のあきたこまちが概ね幼穂形成期に入っています。

【野菜】
エダマメ:極早生品種の収穫作業が本格的に始まっています。

小なす:出荷が本格的に始まっています。

【花き】
盆向け小ギク:早い品種は7月23日から出荷が始まり、ピークは8月上旬を見込んでいます。
 秋田地域生育状況報告(平成30年7月13日)
【野菜】
メロン:出荷が盛期を迎えています。
戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 次へ


[TOPへ]